麹を摂り過ぎても問題は無い?副作用のリスクについて

麹を摂り過ぎても問題は無い?副作用のリスクについて

麹は旨味の元とされていて有用微生物が作り出しています。

日本では醤油や味噌に日本酒など、発酵食品に多く含まれることで知られます。旨味成分などを作り出しているのはカビを中心とした微生物で、コウジカビがその代表です。

古くから食品として愛されていますが、今ではサプリメント化されて、体に採り入れる選択肢が増えているほど人気です。

麹の種類によって想定される副作用は違うの?

食品になくてはならない一方で、美容や健康にも良いといわれますが、気になるのは摂り過ぎによる副作用です。

大麦に含まれる麹を摂る場合は、グルテンアレルギーの副作用が懸念されます。ただアレルギーでない人は安全に摂ることができて、特に不安視する必要はないといえるでしょう。

一方の米麹はお米を原料としているので、摂り過ぎると脂肪が付いたり太りやすくなります。ある意味で副作用と言えますから、美味しくて体に良くても摂取量を考えることが大切です。

お米から作られるお酒も同様で、摂り過ぎた物と摂取量が体に影響を与えます。麦芽を原料にしている場合は、摂取のし過ぎでお腹を壊す可能性があります。

具体的には便が水っぽくなって、下痢の症状をきたす恐れが強まります。

基本的には安全だが摂りすぎには注意が必要

基本的には安全だが摂りすぎには注意が必要

食品に加工されている麹菌の殆どは、高温や塩分などで死滅している状態です。摂り過ぎで腸内の細菌バランスが偏る、そういった懸念も少ないですから、発酵食品はどれも安全な食品だと評価されます。

しかし何事も程々が無難なので、継続的に体に摂り入れるとしても、やはりやり過ぎは避けた方が賢明です。逆にうっかり摂り過ぎた位では、心配するような副作用が起こるケースは少なく、せいぜいお腹を壊して後悔する程度です。

ただしアレルギーは時に命のリスクを高めるので、口にする物が何から作られているのか、事前に良く確認することが必要です。

麹は全般的に安全性が高く、アレルギーに気を付ければ多少食べ過ぎても、体には何も起こらず大丈夫な場合が大半でしょう。

発酵食品が溢れる日本において、日本人は無意識的に摂取する機会が多いので、安全性は多くの人が自然に認めているといえます。むしろ疲労の回復や美容の促進など、利点の方が上回る可能性を秘めています。

副作用が全くないわけではありませんが、あるとしても対処できるものが殆どで、アレルギーに気を付ければまず大丈夫です。

日本人は発酵食品を毎日口にすることが多く、1日3食摂り入れているケースも珍しくないほどです。

少しの摂り過ぎでは過剰摂取にあたりませんから、短時間で体に大量に摂り入れない限りリスクは小さめです。

麹が多く含まれている食品ってなに?

麹が多く含まれている食品ってなに?

麹とは、原料の米や麦、豆などの穀物を蒸して、そこに麹菌をつけて繁殖させたものであり、カビの一種です。

アミラーゼやプロテアーゼ、リパーゼ、ペクチナーゼなどたくさんの酵素が含まれており、実に30種類以上の酵素が含まれています。麹を用いた発酵食品があるのは、東アジア、東南アジアの中でも日本が主で日本固有のもので紀元前から日本の食生活を支えてきました。

日本にしか生息していない菌で作られた食品とは

日本にしか生息していない微生物である菌によって作られた日本独自の発酵文化の賜物とされており、2006年に日本を代表する「国菌」に認定されました。酵素の宝庫と言われており、研究に研究を重ねて近年世界中から注目を浴びてトレンドとなっています。

それでは、どのような食品に含まれているのでしょうか。

まず、発酵食品をつくるために利用されるもので、菌そのものを食べることはありません。従って、日本食に欠かせない醤油やみそ、お酒といった調味料に含まれています。食品の種類によって、使用される菌が異なります。醤油やみそにはタンパク質を分解して旨味成分になるアミノ酸をつくる酵素が強い菌が使用されます。

お酒にはデンプンを糖に分解する酵素が強い菌を使用します。その他、みりんや甘酒、日本酒や焼酎、漬け物など、日本古来の多くの伝統的な調味料の原料や食品になっています。

その他、食べ物以外にも医薬品や環境浄化などの分野で安全で応用性が高いのであらゆる分野で支えています。

麹菌がもたらす体へのメリット

麹菌がもたらす体へのメリット

麹に含まれている酵素は、消化や吸収を促進したり、腸の善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれる働きがあります。

結果、腸の働きが活性化することにより、肥満の防止や、美肌効果、免疫力の向上など、さまざまな健康効果があります。

また、発酵の過程でたくさんのビタミンB群を生成します。血行と代謝をアップさせて疲労回復や美肌効果や活性酸素の除去などにも役経ちます。

その他、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病の予防、女性の悩みである生理痛や月経前症候群などにも改善が期待できます。

麹菌を使って作られた食品は保存食としての一面もある

麹菌を使用する食べ物は粗食が多いですが、食料の貧しい時代にも貴重な保存栄養源としての役割を果たしており、腐敗菌を寄せ付けないという優れた特徴を持っています。

従って、腐敗しにくい耐性があり、長期保存が可能でいつまでもおいしく食することができます。

日本人の体質に合った伝統のものであるので、積極的に摂取することを心掛けて、健康を考えて予防や体質改善を図ると良いでしょう。

麹と酵素の相性は抜群!?いまダイエットサプリに酵素と麹が多く含まれている理由

麹と酵素の相性は抜群!?いまダイエットサプリに酵素と麹が多く含まれている理由

多種多様な商品が提供されているダイエットサプリの中で最も売れ筋なのが、酵素を主成分としたものです。

これは10年以上前からの流れで、「ファスティング」や「プチ断食」などの言葉と共に広く知られています。

ちなみに、酵素によるダイエットの仕組みは、代謝・消化・排出といった体内機能を正常な状態に回復させることにより、身体に蓄積されていた不要な老廃物を排出するというものです。

特に、これらの体内機能が低下している中年以降の世代には特に有効で、短期間での大幅な体重の減少を実現することが可能です。

なお、このような酵素による体重を減らすという効果は副作用を伴うようなものではありません。

何故なら、身体の内部の機能を正常化することによる作用であり、何かを犠牲にするようなことはないからです。

このように有効性と安全性を兼ね備えているということが、人気を集めている理由です。

酵素のパワーをさらに引き出す働きをするのが麹

酵素のパワーをさらに引き出す働きをするのが麹

この酵素のパワーをさらにピンポイントで発揮するということで注目を集めているのが、味噌や醤油などの原料になる麹です。

でんぷん(糖質)を分解するアミラーゼ・脂肪を分解するリパーゼ・タンパク質を分解するプロテアーゼという三大消化酵素をバランスよく含有しているので、体内機能をスムーズに活性化します。

また、麹には老化の原因物質活性酸素の働きを阻害する抗酸化作用、腐敗を抑制する抗菌作用、神経を鎮静化することによる抗ストレス作用、免疫力を向上することによる抗アレルギー作用などダイエット以外にも様々な効果を期待することが出来ます。

さらに、栄養価も優れており、髪の毛やつめ、肌の健康を維持するビタミンB群をはじめとして、エネルギーの代謝をサポートするパントテン酸・糖の代謝をサポートするビオチン・大腸のらせん運動を活性化して便秘を改善するレジスタントプロテインなど様々な成分を含んでいます。

このために、麹を配合しているダイエットサプリには、単に体重を減らすだけではなく健康状態を良化させる効果も期待できます。

つまり、より美しく痩せたいという人におすすめできる内容ということです。

なお、この注目の成分の中で特に人気が高いのが紅麹という紹興酒などの醸造として使用されてきたものです。

この紅麹には「モナコリン」という特有の成分が含まれているので、悪玉コレステロールや血圧を下げる効果を期待できます。

このために、中高年以降の世代の人には特に推奨できる内容を備えています。

そもそも麹とはなに?どんな働きをするの?

そもそも麹とはなに?どんな働きをするの?

健康ブームの今日においては尚一層需要が高まっている麹は決して一過性の物ではなく、れっきとした効果があるからこそ古くから健康に役立つと頼りにされています。

そもそも麹というのは麦や米などの穀物を蒸し上げした時に発生する菌を増やした物の事を指し、学術的にはカビに分類されるものの一般的なカビとは異なり良性であるが故に人体において様々な嬉しい働きをしてくれます。

優れた効能を有しているため一部の企業や組織のみならず、国が有能な微生物であると認めている程なのですが、健康や美容に対し優れた効能を有しているのは、増殖時に生成されるあらゆる酵素の種類や質、量が数ある微生物の中でも突出して豊富であるためです。

麹の最も大事な働きは分解すること

中でもたんぱく質やでんぷんを分解する能力については、まさに木っ端微塵という言葉がしっくりくる程の分解能力であり、他の栄養素では得られない分解能力であるからこそ摂取しても体内に蓄積し難くなり、ダイエットに長けた成分であると評されている所以です。

そのように豊富に含有されている酵素というのは、ダイエットを成功させるために必要不可欠な成分という認識がされていますが、実はダイエットに限らず人体が生命を維持するためには必須な栄養素であり、増加させる方法は人体内で生成する事と食材から得る方法に分けられます。

人体内で生成する方法については代謝酵素と消化酵素の2通りがあるのですが、各々で1日のうちに生成可能な限度量が定められている上に、双方が均等にさせられるわけではないという特性があります。

均等にする事ができないため一方が8割を占めているものの、もう一方は2割分しか生成する事ができないという場合があり、そうしたように偏りが生じてしまう事は決して稀有ではなく日常茶飯事です。

酵素と麹の働きはダイエットでプラスに作用する

酵素と麹の働きはダイエットでプラスに作用する

酵素が代謝のために活動する事ができなくなってしまえば、摂取した栄養素を脂肪分として溜め込む一方になるため肥満体型になってしまいます。

そういった仕組みを食べ物などを工夫し、意識的に調整してあげる事がいわゆる酵素ダイエットとなり、酵素ダイエットのためには基礎となる麹を求める事になるという流れです。

また、麹は普段の食事では気を付けていても不足しがちになってしまうビタミン群が豊富に含有されているのも特徴であり特にビタミンB1とB2、B6のビタミンB群は摂取した食べ物の栄養を脂肪分にさせずにエネルギーとして使う事ができますし、使い切るようにするといった働きももたらすので脂肪が増加しません。

麹はダイエットに効果的って本当?

麹はダイエットに効果的って本当?

麹はお味噌や醤油を発行させるのになくてはならない存在で、日本では古くから使われています。実は世界ではほとんど利用されていない菌で、日本独特の文化の一つでもあるのです。

そもそも麹菌というのはカビの一種で、日本固有の風土や環境から生まれた存在です。

カビというと悪いものというイメージがあるかもしれませんが、国が日本の菌である「国菌」と認められているとても有益で、健康にもとても良い効果があるものだということがわかっています。

なぜ麹菌は体に良いのか?

なぜこれほど麹菌が身体によいのかというと、発行して増殖するときに酵素を発生させるのですが、量も多いうえに質もよくさらには種類まで多いと微生物の王者といってもいい存在なのです。

酵素は身体が活動するためには必要不可欠な栄養素ですが、体内で作られる量の上限が決まっているので食事で補ってあげる必要があります。

特に年齢を重ねていくと体内で作られる酵素の量が減っていってしまいます。

酵素が足りなくなってしまうと脂肪を燃焼させることができなくなり、肥満になってしまうのです。

ですから酵素がたっぷり含まれている麹菌を積極的に食べることによって、エネルギー代謝を増やし太りにくい体質になれるだけでなく、余分な脂肪などを消費していくことができるので、ダイエット効果も期待できます。

酵素と麹の関係について

酵素と麹の関係について

酵素にもいろいろな種類があり、麹菌にはたくさん含まれているのですが、その中でも特に重要なものが3つあります。

一つはアミラーゼという酵素です。アミラーゼはご飯などの炭水化物に含まれているでんぷんを分解して消化吸収を助けてくれるという働きがあります。

しっかりと消化をして栄養を吸収することで消化酵素を増やして、代謝に必要な酵素が働きやすい環境を作るという役割があります。

次に重要なのがプロテアーゼです。プロテアーゼはたんぱく質を分解して、アミノ酸に変える働きがあり筋肉を作る手助けをしてくれます。

ダイエットでは筋肉の量を増やして、基礎代謝を増やすことが大切です。

プロテアーゼをたくさん摂取することができれば、効率よく筋肉を増やすことに繋がります。

そしてダイエットでも重要な酵素がリパーゼです。無駄な脂肪を分解するという効果が高いので、ダイエットをするならば積極的に摂取していきたい栄養素になります。

リパーゼによって脂肪が分解されるとちょっとの運動でも効率よく脂肪を燃焼させていくことができ、ダイエットの手助けをしてくれます。