麹を摂り過ぎても問題は無い?副作用のリスクについて

麹を摂り過ぎても問題は無い?副作用のリスクについて

麹は旨味の元とされていて有用微生物が作り出しています。

日本では醤油や味噌に日本酒など、発酵食品に多く含まれることで知られます。旨味成分などを作り出しているのはカビを中心とした微生物で、コウジカビがその代表です。

古くから食品として愛されていますが、今ではサプリメント化されて、体に採り入れる選択肢が増えているほど人気です。

麹の種類によって想定される副作用は違うの?

食品になくてはならない一方で、美容や健康にも良いといわれますが、気になるのは摂り過ぎによる副作用です。

大麦に含まれる麹を摂る場合は、グルテンアレルギーの副作用が懸念されます。ただアレルギーでない人は安全に摂ることができて、特に不安視する必要はないといえるでしょう。

一方の米麹はお米を原料としているので、摂り過ぎると脂肪が付いたり太りやすくなります。ある意味で副作用と言えますから、美味しくて体に良くても摂取量を考えることが大切です。

お米から作られるお酒も同様で、摂り過ぎた物と摂取量が体に影響を与えます。麦芽を原料にしている場合は、摂取のし過ぎでお腹を壊す可能性があります。

具体的には便が水っぽくなって、下痢の症状をきたす恐れが強まります。

基本的には安全だが摂りすぎには注意が必要

基本的には安全だが摂りすぎには注意が必要

食品に加工されている麹菌の殆どは、高温や塩分などで死滅している状態です。摂り過ぎで腸内の細菌バランスが偏る、そういった懸念も少ないですから、発酵食品はどれも安全な食品だと評価されます。

しかし何事も程々が無難なので、継続的に体に摂り入れるとしても、やはりやり過ぎは避けた方が賢明です。逆にうっかり摂り過ぎた位では、心配するような副作用が起こるケースは少なく、せいぜいお腹を壊して後悔する程度です。

ただしアレルギーは時に命のリスクを高めるので、口にする物が何から作られているのか、事前に良く確認することが必要です。

麹は全般的に安全性が高く、アレルギーに気を付ければ多少食べ過ぎても、体には何も起こらず大丈夫な場合が大半でしょう。

発酵食品が溢れる日本において、日本人は無意識的に摂取する機会が多いので、安全性は多くの人が自然に認めているといえます。むしろ疲労の回復や美容の促進など、利点の方が上回る可能性を秘めています。

副作用が全くないわけではありませんが、あるとしても対処できるものが殆どで、アレルギーに気を付ければまず大丈夫です。

日本人は発酵食品を毎日口にすることが多く、1日3食摂り入れているケースも珍しくないほどです。

少しの摂り過ぎでは過剰摂取にあたりませんから、短時間で体に大量に摂り入れない限りリスクは小さめです。