麹が多く含まれている食品ってなに?

麹が多く含まれている食品ってなに?

麹とは、原料の米や麦、豆などの穀物を蒸して、そこに麹菌をつけて繁殖させたものであり、カビの一種です。

アミラーゼやプロテアーゼ、リパーゼ、ペクチナーゼなどたくさんの酵素が含まれており、実に30種類以上の酵素が含まれています。麹を用いた発酵食品があるのは、東アジア、東南アジアの中でも日本が主で日本固有のもので紀元前から日本の食生活を支えてきました。

日本にしか生息していない菌で作られた食品とは

日本にしか生息していない微生物である菌によって作られた日本独自の発酵文化の賜物とされており、2006年に日本を代表する「国菌」に認定されました。酵素の宝庫と言われており、研究に研究を重ねて近年世界中から注目を浴びてトレンドとなっています。

それでは、どのような食品に含まれているのでしょうか。

まず、発酵食品をつくるために利用されるもので、菌そのものを食べることはありません。従って、日本食に欠かせない醤油やみそ、お酒といった調味料に含まれています。食品の種類によって、使用される菌が異なります。醤油やみそにはタンパク質を分解して旨味成分になるアミノ酸をつくる酵素が強い菌が使用されます。

お酒にはデンプンを糖に分解する酵素が強い菌を使用します。その他、みりんや甘酒、日本酒や焼酎、漬け物など、日本古来の多くの伝統的な調味料の原料や食品になっています。

その他、食べ物以外にも医薬品や環境浄化などの分野で安全で応用性が高いのであらゆる分野で支えています。

麹菌がもたらす体へのメリット

麹菌がもたらす体へのメリット

麹に含まれている酵素は、消化や吸収を促進したり、腸の善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれる働きがあります。

結果、腸の働きが活性化することにより、肥満の防止や、美肌効果、免疫力の向上など、さまざまな健康効果があります。

また、発酵の過程でたくさんのビタミンB群を生成します。血行と代謝をアップさせて疲労回復や美肌効果や活性酸素の除去などにも役経ちます。

その他、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病の予防、女性の悩みである生理痛や月経前症候群などにも改善が期待できます。

麹菌を使って作られた食品は保存食としての一面もある

麹菌を使用する食べ物は粗食が多いですが、食料の貧しい時代にも貴重な保存栄養源としての役割を果たしており、腐敗菌を寄せ付けないという優れた特徴を持っています。

従って、腐敗しにくい耐性があり、長期保存が可能でいつまでもおいしく食することができます。

日本人の体質に合った伝統のものであるので、積極的に摂取することを心掛けて、健康を考えて予防や体質改善を図ると良いでしょう。