麹はダイエットに効果的って本当?

麹はダイエットに効果的って本当?

麹はお味噌や醤油を発行させるのになくてはならない存在で、日本では古くから使われています。実は世界ではほとんど利用されていない菌で、日本独特の文化の一つでもあるのです。

そもそも麹菌というのはカビの一種で、日本固有の風土や環境から生まれた存在です。

カビというと悪いものというイメージがあるかもしれませんが、国が日本の菌である「国菌」と認められているとても有益で、健康にもとても良い効果があるものだということがわかっています。

なぜ麹菌は体に良いのか?

なぜこれほど麹菌が身体によいのかというと、発行して増殖するときに酵素を発生させるのですが、量も多いうえに質もよくさらには種類まで多いと微生物の王者といってもいい存在なのです。

酵素は身体が活動するためには必要不可欠な栄養素ですが、体内で作られる量の上限が決まっているので食事で補ってあげる必要があります。

特に年齢を重ねていくと体内で作られる酵素の量が減っていってしまいます。

酵素が足りなくなってしまうと脂肪を燃焼させることができなくなり、肥満になってしまうのです。

ですから酵素がたっぷり含まれている麹菌を積極的に食べることによって、エネルギー代謝を増やし太りにくい体質になれるだけでなく、余分な脂肪などを消費していくことができるので、ダイエット効果も期待できます。

酵素と麹の関係について

酵素と麹の関係について

酵素にもいろいろな種類があり、麹菌にはたくさん含まれているのですが、その中でも特に重要なものが3つあります。

一つはアミラーゼという酵素です。アミラーゼはご飯などの炭水化物に含まれているでんぷんを分解して消化吸収を助けてくれるという働きがあります。

しっかりと消化をして栄養を吸収することで消化酵素を増やして、代謝に必要な酵素が働きやすい環境を作るという役割があります。

次に重要なのがプロテアーゼです。プロテアーゼはたんぱく質を分解して、アミノ酸に変える働きがあり筋肉を作る手助けをしてくれます。

ダイエットでは筋肉の量を増やして、基礎代謝を増やすことが大切です。

プロテアーゼをたくさん摂取することができれば、効率よく筋肉を増やすことに繋がります。

そしてダイエットでも重要な酵素がリパーゼです。無駄な脂肪を分解するという効果が高いので、ダイエットをするならば積極的に摂取していきたい栄養素になります。

リパーゼによって脂肪が分解されるとちょっとの運動でも効率よく脂肪を燃焼させていくことができ、ダイエットの手助けをしてくれます。